2006年08月08日

室伏広治選手もアミノ酸を使用

fi120gx60nkb.jpg
アミノ酸が健康にいいとは聞いていたが、ここまでのパワーがあるとは夢想だに思わなかった。

CBCテレビ番組、8月6日夜6時半から夢の扉「驚異のアミノ酸パワー」を見た。

全ての細胞はアミノ酸でできているが、そのアミノ酸について、いかに病気に強い体が出来るのか、よく分かった。

手足が伸ばすことができず、食事すら出来なかった老女が、アミノ酸を摂取し続けて、2ヶ月で風船を膨らますことまで回復した。

またある老女は、足のむくみが風船のように膨らんで、歩行できなかったが、アミノ酸を摂取し続けて、2ヶ月で杖をついて、一人で歩くことが出来るようになった。

たんぱく質が消化されてアミノ酸が出来る。

筋肉もアミノ酸、皮膚再生もアミノ酸、血液改善もアミノ酸・・

東京大学の大谷教授が15年間アミノ酸を研究して、競馬で実験した。

アミノ酸を取ったアミノスタローンが競馬レースで勝った。

室伏広治選手もアミノ酸を使用して、アテネオリンピックで金メダル。

室伏選手は成人の約10倍のアミノ酸を直接摂取し、疲労回復、様々な機能をアップした。

アミノ酸は消化分解する必要がないため、多量のアミノ酸が必要なアスリートや食事からアミノ酸が摂りにくい高齢者に有効なものとされている。

アミノ酸はまさに夢の扉を開くものといえよう。

★アミノ酸は薬膳素材 クコの実(生)富士 玄米酢根昆布粉末スポルティフプラス
posted by 東海スポーツ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ブアメラことレッドギニア

5f292005.jpg
ブアメラ(レッドギニア)は、極めて神聖な神様への供え物として使われる。

インドネシアのパプアニューギニア島は赤道直下の地上でもっとも暑い地。

島を生い茂る熱帯雨林のジャングルでは、原住民でしか生活はできない。

その原住民の生活について長く外との接触がなく分からなかったが、今から5年ほど前に、原住民の生活ぶりについて、現地の新聞が詳しく報じた。

それによると、ブアメラという果実が原住民の生活の中で、極めて重きをなしていた。

すなわち神様が与えた大事なものが3つある、一つが武器、もう一つが豚、そして、このブアメラだった。

武器は自分たちの生存のため、種を残さなければならないから・・

豚は食料、そしてブアメラは健康のため、医者の代わりともいえるのだろう。

原住民はブアメラをサプリメントとして毎日食べているから、あの暑い場所でも、健康な体を維持できるのだろう。

お求めはこちら。
posted by 東海スポーツ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

スーパーグルコサミンDXと間接症

スポーツは走る、跳ぶ、投げる、ひねるなど腰、ひざを中心に行います。

その際、自由自在にスムーズな動きがとれるのは、骨と骨をつなぐ役目のある関節のおかげです。

関節の表面を覆っている軟骨がクッションの役割を担って、関節を守っています。

ところが、使いすぎて、軟骨がすり減り、変性してくると、痛みが生まれます。

これが変性関節症です。

対処法としては、今まで鎮静剤や抗炎症剤などの内服薬の服用。

ステロイド剤やヒアルロン酸などを関節の中に注射する関節内注射。

患部の切除や人工関節にするなどの外科手術。

運動療法、装具療法、理学療法など。

これらは一時的に痛みを止めたり炎症を和らげるだけで、根本的に治療するものではありません。

根本的には、すり減った軟骨のクッションを復活させる働きのある主成分プロテオグリカンを生成をコントロールするグルコサミンを摂取することにより、軟骨を修復するのです。

このスーパーグルコサミンDXは、こちら。
posted by 東海スポーツ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。